2006年11月29日

2年程前の出来事です。。。

羽毛布団の上.jpg
2年ちょっと前。
ペットショップから連絡を受けて初対面です。
「可愛い!」みゅーみゅー鳴いて挨拶しています。
この子に決めました。帰りに早速ホームセンターで
猫グッズを買い揃えます。
翌日引取りに行きました。おニューのカゴを持って。
ところが帰りの車の中、カゴの中のみゅんがしきりに
くしゃみをしています。
昨日も…そしてさっきまで全然気づかなかったのになぁ。
あくる朝、さっそく病院に連れていきました。手(チョキ)
「母親からの免疫が丁度切れる頃…風邪ですねぇ。ひょっとして
長引くかもしれません。中には鼻炎のような症状がずっと続く
子もいますよ。」・・・っと先生の言葉。
本来ならばワクチンを打つべき時期だったのですが、
体調がよくなるのを待って…ということで、お薬を
頂いて帰りました。
先生の言葉通り、1月程みゅんはくしゃみをしては
辺りに鼻水撒き散らしていました^^;

悪いことは重なるんです。
身内の不幸で2泊3日家を空けることになってしまいました。
風邪気味のちっちゃなみゅんが心配・・・。
連れて行けるハズもないし。
やむなくみゅんと出会ったペットショップ(ホテル兼)に
預けることに。
2日後みゅんと再会。
「いい子にしてたぁ〜?寂しかったねぇ顔(泣)
しかし、その晩からみゅんは元気がありません。
ぐったりしています。これはおかしい…。
翌朝病院に連れて行くと、40度ほどの熱。
「猫白血病の疑いがありますねぇ。もしかしたら
今週もたないかも。」「先生、助からないんですか??」
「う〜ん…90%以上無理かもしれませんね。今週乗り切る
ことができたら可能性はありますが…。」
ぐったりして食事もしないみゅんを毎日注射に連れて
いきました。注射くしゃみと一緒に鼻から血を流します。
「ごめんねぇ…ごめんねぇ…預けたりしてごめんねぇ…。」
先生に期限を切られた週末、膝に抱いたみゅんの体が
心なしか今日は熱くないかも。
病院に連れていくと「これでもう大丈夫かもしれませんね。」

先生ありがとーーー!!黒ハート黒ハート

あれから2年…みゅんは風邪ひとつ引かず、鼻炎も残らず
毎日元気に走り回っています

ニックネーム みさっち☆ at 00:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/597296
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ペットと泊まれるホテル
Excerpt: こんにちは!突然のトラックバック失礼します。よろしければペットと泊まれるホテルについて情報交換しませんか?
Weblog: ペットの飼育 ペットとの生活
Tracked: 2006-12-15 18:23